気になるニュース

自分の気になるニュースやスレッドをまとめています
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブルーレイディスク(BD)の新規格「BDXL」対応レコーダー - シャープ

1:◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2010/07/17(土) 18:00:21 ID:???0

シャープ(Sharp)は、ブルーレイディスク(BD)の新規格「BDXL」に対応した
ディスクドライブを搭載した「AQUOSブルーレイ」ディスクレコーダー2機種と
対応メディアを30日から発売する。

同時発売される対応メディアは3層式で100ギガバイト(GB)の記録容量。地上デジタル放送を
高画質のまま約12時間録画できる。

BD-HDW700とBD-HDW70の2機種が発売される。BD-HDW700は2テラバイト(TB)の
ハードディスクを搭載する。

*+*+ AFPBB News 2010/07/17[18:00:21] +*+*
http://www.afpbb.com/article/economy/2741267/5973499





スポンサーサイト
[ 2010/07/18 01:00 ] 医療・生活 | TB(0) | CM(0)

当たらないBIGで貯まる配当金 現在の額82億

1:学芸員(岐阜県):2010/07/16(金) 09:45:29.78 ID:80w27Sor

たった今も更新中!1等配当金総額約79億円!
1開催回あたりの“6億円当せん者”がBIG史上最多の可能性!
BIG 1等6億円が13人に当たる!?

独立行政法人日本スポーツ振興センターが販売する最高6億円くじ「BIG」の1開催回あたりの
“6億円当せん者”がBIG史上最多となる可能性が高くなっている。
「BIG」はワールドカップ中も販売を続けており、
5週間強に及ぶBIG史上初の長期販売が実施されている。
それに伴い1等最高6億円が大量に出る可能性がある。
ビッグチャンスとなる第457回の販売期間は7/17(土)までで、
その販売終了はあとわずかとなっている状態だ。

■ 史上最大のチャンス! 1等最高6億円を13人が手にする!?
「BIG」とは1等当せん金額が最高6億円となるサッカーくじ。
その当せん金額を左右するのは、前回からのキャリーオーバーと、
販売期間の売り上げから構成される「配当金総額」だ。
すでにキャリーオーバー金額が約66億円ある第457回のBIG。
今回はそれに加え、BIG史上初の長期販売となる5週間販売により、
7月12日時点で約32億円の売上となっている。
過去、1開催回で1等が7本出た開催回もあったが、
そのときの当せん金は6億円にはならなかった。
今回、仮に1等当せんが7本出ても、全て6億円当せんとなり、
1開催回での1等6億円当せん者数が過去最多になる可能性もある。
ちなみに、今年に入ってから13本の1等が出ているが、そのすべてが6億円。
累計93本の6億円当せんが出ており(7/12現在)、
今回7本の6億円当せんが出れば、一気に100人を突破することになる。
販売締切は7/17(土)まで!今回のチャンスを是非ものにして欲しい。
http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2010/07/13/000000001.000002427.html
【公式サイト】
http://www.toto-dream.com/index.html

[ 2010/07/16 12:49 ] 医療・生活 | TB(0) | CM(0)

カカクコムの売れ筋ランキングで選んで、家電量販店で現物下見して良かったら カカクコムで買うよね

1:シルバーシャーク(東京都):2010/07/11(日) 07:21:06.66 ID:sUHwt8l3

カカクコム/6月の総ページビュー18.9%増の11億1018万
カカクコム(2010年3月期売上:130億円)が7月7日に発表した6月の月間アクセス状況サマリーによると、
グループサイトの総ページビューは11億1018万(前年同月比18.9%増)、月間利用者は5445万人(41.9%増)となった。
価格.comの総ページビューは7億4394万(7.8%増)で、食べログの総ページビューは2億9188万(60.8%増)だった。
価格.comの月間利用者数はPCが2450万人(30.1%増)、モバイルは308万人(114.4%増)、食べログではPCが
1456万人(41.9%増)、モバイルは432万人(435.1%増)となった。

http://www.ryutsuu.biz/sales/c070803.html




[ 2010/07/11 09:26 ] 医療・生活 | TB(0) | CM(0)

妊婦のエコー検査、同意得て実施は半数 染色体異常まで推測可能になり両親が深刻に悩む例も

1かなえφ ★:2010/07/09(金) 09:13:07 ???0

 もともとは安全で健康な出産のために赤ちゃんの発育状況を確認する超音波検査(エコー)。
最近は染色体の状態まで推測可能になり両親が深刻に悩む例も増えている。しかし、妊婦の同意を得て検査している医療機関が半数程度にとどまることが、日本周産期・新生児医学会倫理委員会の調査でわかった。同学会は13日、神戸市で開く学術集会で結果を発表し、検査や結果告知のあり方の議論を始める。

 同学会倫理委員会は、安全な妊娠・出産に必要な超音波検査の性能が向上して、染色体異常まで推測できるようになっているため、医療現場での実態を知るために調査した。今年2月、地域の産婦人科医会の協力で東京都や大阪府など4都府県の産婦人科医を対象に調査を実施。170人から回答があった。62%が診療所の医師だった。

 通常の超音波検査で、書面で同意を取っていると回答した医師は7人(4%)、口頭同意は44%で、合わせても半数ほどだった。同意を取っていない医師は42%、無回答が10%だった。

 人工妊娠中絶手術が受けられる妊娠22週未満の超音波検査で、胎児に明らかな異常がある場合、72%の医師が「すぐに専門機関へ紹介する」と答えた。染色体異常は羊水検査をしないと確定診断できず、20%の医師は「羊水検査を勧める」と回答した。22%の医師は、「人工中絶という選択肢があることを説明する」と答えた。

 超音波検査の結果が人工中絶の誘因とならないように、中絶ができない22週以降になるのを待って異常を伝え、「専門機関に紹介する」とした医師も5%いた。

 調査結果をまとめた大阪大総合周産期母子医療センターの和田和子講師は「尿検査ぐらいの軽い気持ちで超音波検査を受ける妊婦さんが多いが、重い結果を伝えられ、深刻な衝撃を受ける夫婦も少なくない。告知後の夫婦に対するケア、知りたくないという権利を守る態勢などが必要ではないか。
議論を深めたい」と話している。

asahi.com 2010年7月9日3時0分

http://www.asahi.com/science/update/0708/TKY201007080625.html

▽図
http://www.asahi.com/science/update/0709/images/TKY201007080657.jpg

[ 2010/07/10 08:16 ] 医療・生活 | TB(0) | CM(0)

赤ちゃん、助産師にビタミンKの代わりに「ふしぎな自然治癒力アップ薬」飲まされ、ビタミンK欠乏になり死亡→母親が提訴

1☆ばぐた☆◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/07/09(金) 10:18:16 ???0

★「ビタミンK与えず乳児死亡」母親が助産師提訴

・生後2か月の女児が死亡したのは、出生後の投与が常識になっているビタミンKを与えなかったためビタミンK欠乏性出血症になったことが原因として、母親(33)が山口市の助産師(43)を相手取り、損害賠償請求訴訟を山口地裁に起こしていることがわかった。

助産師は、ビタミンKの代わりに「自然治癒力を促す」という錠剤を与えていた。
錠剤は、助産師が所属する自然療法普及の団体が推奨するものだった。

母親らによると、女児は昨年8月3日に自宅で生まれた。母乳のみで育て、直後の健康状態に問題はなかったが生後約1か月頃に嘔吐(おうと)し、山口市の病院を受診したところ硬膜下血腫が見つかり、意識不明となった。入院した山口県宇部市の病院でビタミンK欠乏性出血症と診断され、10月16日に呼吸不全で死亡した。

新生児や乳児は血液凝固を補助するビタミンKを十分生成できないことがあるため、厚生労働省は出生直後と生後1週間、同1か月の計3回、ビタミンKを経口投与するよう指針で促している。特に母乳で育てる場合は発症の危険が高いため投与は必須としている。
しかし、母親によると、助産師は最初の2回、ビタミンKを投与せずに錠剤を与え、母親にこれを伝えていなかった。3回目の時に「ビタミンKの代わりに(錠剤を)飲ませる」と説明したという。

助産師が所属する団体は「自らの力で治癒に導く自然療法」をうたい、錠剤について「植物や鉱物などを希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたもの。適合すれば自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かう」と説明している。

日本助産師会(東京)によると、助産師は2009年10月に提出した女児死亡についての報告書でビタミンKを投与しなかったことを認めているという。同会は同年12月、助産師が所属する団体に「ビタミンKなどの代わりに錠剤投与を勧めないこと」などを口頭で申し入れた。

ビタミンKについて、同会は「保護者の強い反対がない限り、当たり前の行為として投与している」としている。

 http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100709-OYS1T00214.htm

[ 2010/07/09 12:37 ] 医療・生活 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。